ホーム » 家族との関係 » 単身赴任!家族とのコミュニケーションの取り方

単身赴任!家族とのコミュニケーションの取り方

【質問】
単身赴任でアパート暮らしです。
そこで構築するネット環境について、アドバイスをお願いします。

私は、保険関係の会社に勤めています。
これまでにも転勤はありましたが、それは独身時代でした。
今考えると、気楽に移動していたものです。

3年前に社内結婚をしました。
現在は、子供が1人います。
そして、結婚後、初めての転勤命令が出ました。

こうなると、気軽に移動、というわけにはいきません。
子供は、まだ小さいです。
妻ともども、現在のマンションに、置いておくことにしました。

私だけの、単身赴任です。
小さいアパートを借りての、独り暮らしです。
そのアパートに、どういうネット環境を作ればいいのか、迷っています。

家族とのコミュニケーションには、Skype のテレビ電話を考えています。

それ以外のネット環境をどうするか、なのです。
有線の光ファイバーを引く?
それとも、無線 LAN ルーターを使うか?
どちらがいいでしょうか。

もちろん、費用は少ないに越したことはありません。
安定した回線であることも、重要だと思います。
それに、数年で、別な支社へ転勤になるはずです。
単身赴任するかどうか、まだ分かりませんが。
いずれにせよ、新しい転勤先へ、ネット環境を、そのまま移動したいのです。

こうした事情をふまえて、質問します。
どのようなネット環境が、私には最適でしょうか。
どうか、アドバイスをお願いいたします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■単身赴任中の家族とのコミュニケーション方法


単身赴任となると、旦那さんも残された家族も寂しくなりますね。
「元気にやってるかな」「どんな生活をしてるのかな」と、色々と心配なものです。


そこで、しっかりとお互いに連絡を取り合うことが大切となってきますよね。
その連絡方法で代表的なものが、携帯電話とスカイプです。


まず携帯電話のメリットとしては、手軽でいつでもどこでも電話が出来るということ
ですね。
会話が出来ない時には、メールやラインでのやり取りも可能です。


ところがデメリットとしては、多額の料金がかかりがちということでしょうか。
Eメールであればパケット通信料、通話をすれば通話料がいずれもかかります。


プランとしてパケット定額プランや、指定した相手と通話料無料などのプランもある
ので、必要に応じてプランの変更なども考えた方が良いでしょう。


次にスカイプですが、メリットとしてはリアルタイムでのチャットはもちろんのこと、
ライブカメラと音声マイクを繋げれば無料でデレビ電話を行うこともできます。


また、携帯電話においてもスカイプにアクセスしてチャットを行うことができるので
とても便利ですね。


ところで携帯電話だけだと会話のみです。Eメールやラインで写真を送ることは
可能ですが、たまには相手の顔を見ながら会話したいと思うことでしょう。


そんな時には、スカイプのテレビ電話がとても便利です。
このスカイプ、パソコンを立ち上げればすぐに使うことができます。


それではこのスカイプ、動作環境はどのような環境が良いのでしょうか。


■スカイプの動作環境


お勧めとしては33.6kbps以上のダイアルアップ接続、ADSL、ケーブル、光ファイバー等のブロードバンド接続が挙げられます。
もちろん、一番のお勧めは1Mbps以上のブローバンド環境です。


「無線LANルーター」とのことですが、スカイプは無線とは相性が良くありません。
スカイプを快適に使用したいのであれば、有線(LANケーブル)での接続を
お勧めします。


何故かというと無線LANとは、一定の間隔で接続状態の確認などを行って
いて、その間は通常の通信が出来なくなります。


ちなみにスカイプの音声通話は常に通信を行っている状態になるので、
瞬間的に無線LANの通信が途切れた場合はその間の音声が途切れて
しまうのです。


従って無線LANを利用してスカイプのテレビ電話を利用すると一定間隔
で音声が途切れ、お互い会話が聞き取りにくいというストレスが生じて
しまいます。


具体的に言うと、5秒に1度くらいの頻度で「プツン...プツン...」と一定の
間隔で音声が途切れて、会話がうまく聞き取れないのです。


せっかく家族とのテレビ電話を楽しみたいのであれば、途切れることなく
会話がしたいものですね。


したがって、スカイプに関しては無線ではなく有線での接続をぜひお勧め
したいと思います。

単身赴任で引越した時に使った見積もりサイトです。



中小企業が大手よりも意外と高い場合があります。
最安値、2番目に安い所、3番目に安い所を選んで
お互いに競争させると安く出来ますよ。


Return to page top