ホーム

単身赴任に伴い住民票も移動。児童手当の受け取りはどうなる?

【質問】
住所変更について教えてください。

私は、繊維製品関係の製造業の会社に勤めている者です。
家族は、私と妻、それに子供1人です。

入社してからこれまで、数回ほどの転勤がありました。
いままでは、家族ともども移動していました。
今回の転勤では、私が1人で行くことにしました。
ひとつには、子供の教育のことを考えたからです。
それに、今度の転勤は、仕事の内容からして、約1年で終わるはずです。
ということで、単身赴任をしました。

会社の方の、仕事の引き継ぎ、事務処理は完了しました。
次は、私個人の事務処理です。

私の引っ越しに関係して、住民票などの変更はどうなるのでしょうか?
これが質問です。
いままでは、妻が手続き関係をしていましたので、分からないのです。

まだ、住民票は、移していません。
子供手当の申請は、どうなるのでしょうか?
子供手当は、住民票のある所でしなければならない、と聞いたのですが。
そうなのですか。
家族の家の方のまま、にしておくことは出来ないのですか?

健康保険証の住所は、どうなるのでしょうか?
やはり、住民票を移し、それを元に、住所変更申請をするのですか?

運転免許証は、どうなるのでしょうか?
元の住所の警察署、それとも、新住所の警察署へ申請するのですか?

約1年で帰れる予定なので、運転免許証の住所変更はしない。
妻のいる住所のままにする、とも考えました。
でも、それで何かあったときは、まずいのでしょうね。
現住所と免許証の住所は同じでなければならない、とか法律があるのでしょうか?

質問は以上です。
でも、単身赴任関係で、気が付いていないこともあると思います。
もし、ありましたならば、それのご注意もいただければ、幸いです。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■単身赴任に伴う住民票の移動ってしないといけないの?


転勤になったけれど、子供の転校を考えると単身赴任を選択...という世の中の
お父さんは沢山いると思います。


この場合、住民票を移動しないといけないのか?実際に単身赴任しているお父さん達
はどうしているのか?
気になりますね。


そもそも法律的にはどうなのか?という点ですが、次の2点に当てはまる場合は
住民票を単身赴任先に移動させなくても良いということになっています。


① 単身赴任の期間が1年以下の場合
② 生活の拠点となる場所が、妻子の住む元の家にある場合


でも実際には、単身赴任期間が1年以上であっても自分が養っている家族がいると
いう点から、家族が住んでいる家を住所とする方が多いのが現状となっているよう
です。


ところでこの単身赴任に伴う住民票の移動ですが、メリット・デメリットはあるので
しょうか。


■住民票を移動することでメリット・デメリットは?


まずはメリットとして、会社によっては住民票をうつすと単身赴任手当てが受け取れる
という場合があるようです。


しかし、会社の規定で単身赴任手当てを受け取るために住民票の移動が必要ではない
場合、住民票の世帯分割をしてまで住民票を移動させるメリットはあまりないと言えそう
です。


なぜかというと、住民票を移動させることにより住民税が上がってしまったり、児童手当
の請求先が単身赴任先の市町村になってしまうなどの理由があるからです。


さらには保険や税金の手続きが色々と面倒、またお父さんが転出すると奥さんが世帯主
になるということもあり、色々と面倒そうですね。


さて児童手当ですが、ご質問のとおりやはり世帯主の方が住民票を移動すると移動先
の住所にて児童手当の手続きをすることになります。


他にデメリットとしては、単身赴任先の市町村での行政サービスが受けられなかったり
選挙も行けなかったりということがありますが、それほど大きなデメリットではないと
言えそうです。


それでは住民票を移動せせないとしても、運転免許証や健康保険証の住所変更は
どうでしょうか?


■運転免許証や健康保険証の住所変更は?


住民票を移動させないのであれば、特に運転免許書や健康保険証の住所変更は
しなくても良い気がします。


でも、運転免許書の住所変更を行わない場合以下のようなデメリットがあるので
住所変更をしておいた方が良いかもしれません。


① 交通違反をした場合、呼び出しが旧住所地になります。
② 免許更新時のはがきが、旧住所に届きます。
③ 免許更新場所が、旧住所地になります。


では免許書の住所変更方法ですが、免許書と赴任先住所を証明する書類を持参
して、最寄りの警察署に行けば住民票は旧住所のままで運転免許書だけ住所
変更することができます。


赴任した新住所を証明する住所としては、住民票以外に新住所の健康保険証,
新住所に届いた本人宛ての消印付き郵便物,新住所が確認出来るガス・電気など
公共料金の領収書などが挙げられます。


次に健康保険証ですが、最近では保健所も家族それぞれ一枚配布になりました
のでその点では不便さはありませんね。


住所変更ですが、それぞれの会社での健康保険組合によって様々だと思いますが、
単身赴任になるお父さんだけ住所変更届けを出して住所変更してもらったり、
ご自分で二重線を引いて書きなおしたりと出来るようです。


このように、単身赴任に伴う住民票の移動は一般的には行わないケースが多い
と言えます。


免許書は身分証明になります。例えば新住所でレンタルDVD屋さんなどで会員証
を作る場合などもあるかもしれないので、住所変更をした方が便利と言えるかも
しれません。

Return to page top